森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

サーカス、はい、それだけです

マーシャと熊 - サーカス、はい、それだけです (第67話)

Маша и Медведь - Цирк, да и только🤡 (Серия 67)


寒さと万年雪の中でペンギンは、突然彼の友人であるマーシャと熊を思い出します。そして熊が川に小さな船を浮かべたことを思い出しました。ペンギンは友人たちを訪問したいと思いました。カレンダーでは彼らの森は、春が始まったばかりなのです。ペンギンは熊に電話し、飛行機で訪問したいと言いました。熊は喜んで出迎えの準備を始めました。
森に春がやって来ます。いたるところ、森の間に積もっていた厚い雪が溶け、つららが落ち、川が流れ始めます。マーシャはこれを見て、素早く船長のキャップをかぶり、長い外套、ゴムのブーツを着用し、紙の船を取り出しました。彼女は躊躇することなく、それを速い川の流れに、浮かべ出しました。暫くして少女は飛行機の轟音を聞き、近づいてくるペンギンを見ました。
彼女は急いで、飛行機の着陸準備をしていた熊の家に行きました。雪解けの水の上に木製の床が敷かれ、飛行機は成功裏に着陸しました。ペンギンは養父である熊のミーシャの腕に抱かれました。ペンギンと熊がお茶を飲んでいるとき、マーシャが現れます。彼女は2つの船を浮かべる遊びにペンギンを招待します。一つの船はペンギンが持って来たもの、もう一つの船はマストと帆を持つ木製のもので、熊から借ります。熊は、濡れて寒くなり病気になると警告して、女の子を止めようとしました。しかし、この活発な子は全く平気でした。彼女は船を長い航海に送り出すため、ペンギンと一緒に走り出ました。
子供たちは溶けた雪に沿って、自分たちの小さな船とともに走ります。そして氷塊から氷塊へ飛び移ります。しかしマーシャの船は突然川に入りました。彼女はそれを取ろうとしましたが、彼女は川を漂っている氷の上にいました。マーシャは叫んで助けを求めます。勇敢なペンギンは水に飛び込んで、少女が立っていた氷の島に追いつきます。熊は走って来て、木を切り倒し、そこから二人の子供を引き上げました。
この冒険の後、いたずらメーカーの女の子は病気になりました。彼女は寒さと、ひどい鼻風邪でベッドにいます。友人たちは彼女を看病します。 救急車が呼ばれましたが、車は水溜りに落ち、止まってしまいました。そして少女は、薬を飲むことを拒否し、蜂蜜やおいしいジャムもつき返します。何をしても彼女を喜ばせることはできませんでした。
そこで熊のミーシャは、マーシャの好きなサーカスを思い付きます。そして自分の過去のサーカス時代を思い出し、サーカスを手配することにしました。


後記:子供が病気になると、ただ寝かせてクスリを飲ませればよい、と言うものではありません。子供にとって精神的なダメージは、その病気以上のものだと思います。何はさておき、その精神的な苦痛を和らげてあげることから始めるべきなんでしょうね。







追記:私のYouTubeをご覧いただき有難うございます。YouTube表題「水着で海へ」が、本来のイメージでなかったためか、反応はよくなかったようです。水着といっても私にはせいぜいラッシュガード(+ビキニボトム)です。



ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村