森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

知らない所へ

マーシャのコーデは、いつもの紫色のサラファンに紫色のプラトークです。大きなパンを前に、彼女の人形たちに、ロシア民話※1をアレンジしてお話します。他人のパンを食べようとしてはだめですよ・・


マーシャのおとぎ話(24)知らない所へ

Машины сказки - Пойди туда не знаю куда, принеси то не знаю что (Серия 24)


昔々ある国に、ある王様が君臨していました。望むものすべては王様の元にありましたが、彼はまだ羨ましげで、貪欲でした。冬の最中にマツユキソウ※2を欲したり、海の彼方の料理を欲したりです。ある時、王様は野鳥料理の夕食を望みました。しかし今はシーズンではないと説明されましたが、彼は聞き入れません。そこで王室専属の狩人が遣わされました。狩人エゴールはすぐにトマトを食べ終わり、肩に銃を投げ上げ、森に入りました。イゴールは一日中歩きましたが、何の獲物も見つかりませんでした。


突然、木に止まっているムクドリを見ました。いい若者は、銃を急ぎ構えましたが、ムクドリが人間の声で彼に話し掛けたので、狙う事が出来ませんでした。鳥は彼女は魔法を掛けられた王女だと説明しました。もし彼が彼女を殺そうとしないなら、彼女はエゴールの良き妻になる事を約束しました。


   

彼女は王様が怒らないように、彼のために鶏を料理しました。ローストは見事に焼き上がり、王様はすべてを食べ、舌も飲み込む程でした。そしてこの欲張りの君主は、そのように美味しく料理できる女の子と結婚したくなりました。すぐに彼はずるい命令を出しました。エゴール、私の知らない所へ行って、何でも私の知らないものを獲ってきなさい。エゴールはすぐに樽に詰められ、海に投げ込まれました。


しかし、主人公のエゴールは溺れませんでした。波が彼を素晴らしい島に運びました。エゴールは何と不思議な物を見ました:あたりはスカーレットフラワーの花壇と菜園です。その一つの畝に、エゴールは縞模様のボールがあるに気付きました。そのような不思議な物は王様も気に入るに違いありません。エゴールがボールを1つ摘み取ると、すぐに周囲が暗くなり、雷鳴がとどろき始め、稲妻がひらめき、恐ろしい声がエゴールに、何故彼のスイカを摘み取ったのかを聞ききました。エゴールはすべてのことを話しました。すると、彼は彼の前に立っている王様を見ました。貪欲な王様は、畑からサルを追い払うためにこの島に永遠に残ることになり、エゴールは自分の愛する花嫁の元に戻りました。
他人のパンに口を開けないでください!



註※1:Go There, Don't Know Where
1966年 ‧ ファンタジー/アニメーション ‧ 52分
初公開: 1966年 (ソビエト連邦)
監督: イワン・イワノフ・ワノ、 Vladimir Danilevich

Сказки русские : Пойди туда, не знаю куда


註※2マツユキソウ(待雪草):スノードロップ。2月から3月に開花。可憐な草姿に白い下向きの花を1輪咲かせ、春を告げる花として人気があります。花言葉は慰め、希望、恋の最初のまなざし。ロシアの詩人マルシャークの童話「森は生きている」のなかで、少女は大晦日に継母からこの花を探して摘んで来るように、という無理難題を言い付けられます。(ウイキペディア)




広場でトレーニング181029


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村

斧のおかゆ

マーシャのコーデは、いつもの紫色のサラファンに紫色のプラトークです。庭にはロシアの国花「ロマーシカ(РОМАШКА)」カモミールが咲き乱れています。彼女の人形たちに、ウクライナ(ロシア)民話※1をアレンジしてお話します。


マーシャのおとぎ話(23)斧のおかゆ

Машины сказки - Каша из топора (Серия 23)


かつてある地方で、兵士が休暇で帰省するところでした。彼は腕を振って、長い間歩いていたので、空腹になりました。兵士は周りを見ると、いたるところ、酸っぱい野イチゴやテングタケばかりです。そうこうするうちに、兵士は鶏の脚の小屋※2に行き着きました。すぐにこの軍人は、ここで昼食になるかもしれないと思いました。


もちろん、バーバ・ヤーガ※3は奇怪な妖婆で、食べる前は、いつも相手に餌を与え、水をやり、そして風呂で蒸すのです。兵士が小屋に立ち寄ると、骨足のバーバ・ヤーガは、下心を持って彼を迎えました。さっそく彼女は兵士にペチカに入るように命じました。なぜなら、彼女の小屋には何もなかったので、ご馳走を食べたかったのです。


兵士はペチカに急いで入らず、手足を拡げたりで、どうしてもくぐらせることができません。 彼は老婆のベンチの下の斧に気付き、自分の代わりに斧からお粥を作ることをヤーガに提案しました。老婆は誰が斧からお粥を作るのか不思議に思いました。しかし彼女は同意しました。兵士は鍋を取って、水をいっぱいに注ぎ、そこに斧を入れて火に掛けました。


   


彼自身は傍に立ち、かき混ぜていますが、バーバ・ヤーガは傍をうろうろしています。本当に、斧のお粥が食べたくなったのです。兵士は塩がないか尋ねました。バーバ・ヤーガはすぐに塩入れを取りだしました。そろそろお粥を食べてみる時間でしょうか?しかし兵士は老婆を脇に寄せて、お粥は食べられないだろうと言います。なぜなら斧は小さすぎるからです。物持ちのヤーガには、もっと別の斧はないのでしょうか?骨足の老婆には斧はもうありませんでしたが、そのかわりクローゼットにチェーンソーがありました。ほら、事態は好転しました! いえいえマーシャのおとぎ話ではそのようにはなりません。チェーンソーは良いのですが、それは非常に大きいので、シチュー鍋には収まりません。


ところで老婆には何か穀物がありますか?そう言えば、ヤーガのもとに引き割が見つかりました。兵士はそれを水に入れ、もう少し煮てから、老婆にテーブルの上にバターを集めてくるように言いました。お粥をバターで駄目にしないようにね!



註※1「斧のおかゆ」:ウクライナのウラジミール・コロレンコ著「森はざわめく-ウクライナ・ポレーシエ地方(当時はロシア領)の伝説」(1886年)に掲載されているウクライナ(ロシア)民話。なお原典はウクライナ語ではなく、全てロシア語。彼自身ロシア文学者とされている。ポレーシエ地方は北ウクライナと南ベラルーシの間に位置するスラヴ人の発祥地であり、古代より東スラヴの文化と伝統が保存されてきた地域とされる。チェルノブイリ(チョルノーブィリ:ウクライナ語)原発がある。


註※2鶏の脚の小屋:スラヴ民話に登場する妖婆であるバーバ・ヤーガが棲む小屋。

   


註※3バーバ・ヤーガ:スラヴ民話に登場する妖婆で、ムソルグスキー作曲の組曲『展覧会の絵』の1曲「バーバ・ヤーガの小屋(鶏の足の上に建つ小屋)」で知られる。森に住む妖婆。骨と皮だけにまで痩せこけて、脚に至ってはむき出しの骨だけの老婆の姿をしている。人間を襲う魔女のごとき存在で、森の中の一軒家に住んでいる。その家は鶏の足の上に建った小屋で、庭にも室内にも人間の骸骨が飾られているという。普段は寝そべって暮らしており、移動するときは細長い臼に乗る。バーバ・ヤーガが右手で持った杵で急かすと、この臼は少しだけ浮かび上がり、底の部分だけを引き摺って移動する。左手にはほうきを持っており、移動した跡を消す。(ウィキペディア)



「展覧会の絵」 7/7 鶏の足の上に建つ小屋 バーバヤーガ キエフの大門


後記:兵士とのやりとりの相手として、ここではバーバ・ヤーガが登場していますが、原典は普通の農家のお婆さんです。いくら誇り高い兵士でも、お腹は空きます。かと言って、やたらに農家に物乞いする訳にはいきません。そこで奇想天外なお話を持ち掛けてユーモラスに食事を一緒に頂く訳です。農家は守ってくれる兵士に食事くらい提供するのは当然なのでしょうが、ください、ほらやるよ、ではお互いに気まずいでしょう。この兵士と農夫の愉快なやりとりのお話はよく出て来ます。




渚でトレーニング181029


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村

ローリングピンとキツネさん

マーシャのコーデは、いつもの紫色のサラファンに紫色のプラトークです。
彼女の人形たちに、古いロシアの民話をアレンジしてお話します。


マーシャのおとぎ話(22)ローリングピンとキツネさん

Машины сказки - Лисичка со скалочкой (Серия 22)


ある時、一匹のキツネさん※1が道を走っていました。彼女は灰色ウサギを追い掛けることに夢中になって、何かにつまずき、倒れました。そこで道のほこりの中に、ローリングピン※2があるのを見ました。彼女はそれを取り上げ、しばらく考えて、ローリングピンを持ち、近くの村に小走りに急ぎました。


     


そこには一つの家にネコとニワトリが一緒に暮らしていました。ネコは縄跳びで遊び、ニワトリは窓で歌っていました。キツネはニワトリの歌を聞いて窓に走り寄り、ニワトリに褒め言葉を言いました。あなたの声は蜂蜜のように甘く、才能たるや素晴らしいものです。ニワトリは茶色の女詐欺師の言う事を聞いて、すっかり腑抜けてしまいました。


しかし、ネコはくるめられませんでした。彼は跳び縄を置き、ニワトリを横に押し、キツネを追い払おうとしました。キツネはもちろん、直ぐにずるを働き始めました。彼女は彼らに、自分を泊めてくれるように頼みました。彼女はホストたちを煩わせず、自分自身はベンチで寝て、尻尾はベンチの下に置き、そしてローリングピンはペチカに置くと約束しました。そのような条件で、彼女は泊まることができました。


誰もが眠りにつくと、キツネはローリングピンを別の場所に隠しました。朝が来ると、彼女は盗まれた!と大声を上げました。キツネはローリングピンの代わりにニワトリをよこすように言い始めました。ネコはこれに同意しませんでしたが、キツネに彼の跳び縄を渡しました。


そしてまた出来事は夕方近くです。再びキツネは宿泊を頼みます。自分自身はベンチで寝て、尻尾はベンチの下に置き、そして跳び縄はペチカに置くと約束しました。夜になって、キツネは再び起き上がって、跳び縄を隠し、朝に再び大声で泣き始めました。仕方なく、ネコは彼女にニワトリを与えることを約束しました。そして彼はお互いにさよならする準備をしようと言いました。


キツネが帰って来て、見ると、家の窓にかなり大きな袋が横たわっています。そしてその中で何かが動いています。キツネは袋をつかみ、肩にかついで、急いで走り去りました。かなり遠くに逃げたので、彼女は背中から袋を降ろしました。そしてキツネはもう昼食で、ニワトリを食べたいなと思いました。しかし袋の中はローリングピンを持ったネコでした。さーたいへん、キツネは一目散に逃げるしかありませんでした。



註※1キツネさん:表題 Лисичка はキツネЛиса の指小、愛称です。「小さなキツネちゃん」位の意味です。露和辞典、グーグルにもありません。むこうの露露辞典で、やっと出て来ます。ここでは「キツネさん」にしました。
註※2ローリングピン:麺棒。麺類やパン、焼菓子類、餃子などの生地を均一に薄くのばすのに用いられる、木製の細長い棒で作られた調理器具。



後記:前回は正直者エメーリャのお話でしたが、今回は狡猾なキツネのお話です。さすがに転んでも何かを掴んでくる所は憎いですね。普通なら見向きもされない、捨てられたローリングピンで、なにか得られると思ったのでしょうか・・日本でも浪速商人は「転んでもタダでは起きない」とかあります。この狡猾なキツネさん、涙を武器にして、泣き落としも演じてます。また、相手にお世辞を言ったりするところなんか、したたかですね。しかし、いままでの狡猾なキツネが主人公のロシアの民話は、たいていキツネは悲惨な結末で終っています。正直者は栄え、狡猾者は滅びるという勧善懲悪ですね。封建社会、全体主義ないし共産主義社会の産物でしょうか。支配者にとっては、正直者は都合がいい訳で、策略をめぐらす狡猾者はいやな存在でしょうね。
マーシャのおとぎ話はこのあたりは原典に批判的です。正直者エメーリャが王女と結婚し、国王になる原典のストーリーには背を向けています。また狡猾なキツネを、決して悲惨な結末に終らせていません。




ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村