森ガール森由美子の日記

自然が大好きな森ガールです。よろしくね。

空からの星

マーシャと熊 - 空からの星 (第70話)

Маша и Медведь - 🚀 Звезда с неба (Серия 70)


マーシャとパンダは「宇宙飛行士ごっこ」をして遊んでいます。彼らはワットマン紙の上に空と月面を描き、段ボールの宇宙船で降り立って、その上に歩き出ます。しかし二人とも月を訪れる最初の子供になりたいのです。マーシャはロケットに飛び乗ってドアを閉め、舷窓を覗いて、彼女の友人をからかいます。二人の争いは続きます。
一方、中庭のテーブルに座って紅茶を飲みながら熊のミーシャと雌の熊は、星空を眺めていました。彼らは明るい星の両側に、二つの熊の星座を描きます。この明るい星はまるで指輪のようでした。その後、雌の熊は家に帰ります。熊のミーシャは明るい星を見ていました。そしてそれを自分の恋人に贈りたいと思いました。
子供たちの仲裁をしながら、彼は最終的に彼女の心をつかむために、何をなすべきかを考えました。それは本物のロケットを作り、それを宇宙に飛ばして、空から星を持って帰るのです。彼はテーブルの上に図面を広げ、必要なツールを集めます。いたずらっ子たちはすぐに熊が月に行こうとしている事が分かりました。もちろん一緒に行きたいと熊に言います。彼は最初は否定的でしたが、マーシャはうまく説得します。スペーストレーニングが始まりました。やがてロケットが出来上がり、一週間後には、長い旅の準備がすべて整いました。そして恋人に贈る星を手に入れるため、宇宙に出発します。


後記:月の近くの明るい星といえば、宵の明星、金星でしょうか。月に到着するとアームストロング船長の星条旗や、ソ連時代のСССР※と書かれたルノホート(Луноход月面探査車)もありました。古い人には懐かしいでしょうね。地球に戻ったマーシャたちは今度はНА МАРС「火星へ」と書いたダンボールの宇宙船で遊んでいます。
※СССР「エスエスエスエル」:СоюзСоветскихСоциалистическихРеспубликソビエト社会主義共和国連邦のアグリゲーション




なぜこちらの海でラッシュガードが重宝するかと言いますと、もちろん日焼け対策もありますが、何と言ってもクラゲです。関東の海と違って、水が淀んでますので、早くからクラゲがいます。普通の水着姿で海に入ると(入る必要もないのでしょうが・・)嫌な思いをします。手袋とラッシュガードは必須ですね。


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村