森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

ご用は何なりと!

マーシャと熊 - ご用は何なりと! (第60話)

Маша и Медведь - К вашим услугам! (60 серия)


マーシャの誕生日の翌日、彼女はすべての贈り物を点検し、リストをチェックしました。 ただ、神秘的な象形文字(漢字)の箱だけは、リストされていませんでした。それはマーシャの友人パンダからの贈り物でした。箱を開けると、ピンクの髪の女の子のロボットです。マーシャはみんなに見せるため、セーラームーン・スタイルで、外に出て、リモコンを操作し、ロボットを踊らせ、ヤギ、犬、子豚を驚かせました。ロボットは日本風にお辞儀をし、丁寧に挨拶して自己紹介します。
二人はダンスの後、熊のミーシャの家に行き、ロボットを自慢しますが、彼はそれどころではありません。家事に追われ、家の中は無茶苦茶です。お気に入りのサッカーの試合もあったので、清掃、調理、洗濯などは完全な敗北です。
熊は悲しい話をした後、ピンクの髪の女の子に気づきました。マーシャは、彼女の名前はマシュコ(マーシャの日本風名?)と言い、彼女は色んな事ができます、と紹介します。ちなみにマーシャのコーデはセーラームーンです。しかし熊が自分の部屋をきちんとしない限り、彼女たちは何もしないでしょう。最後にマーシャは熊に助手やエンターテイメントとしてのロボットを手に入れるようアドバイスしました。
熊のミーシャはこのアイデアに興味をもち、人工知能ロボットの設計を始めます。彼はローラースケートを足にし、頭の代わりにカメラを使用しました。やがて「ご用は何なりと!」の人工知能ロボットを完成させます。熊のミーシャはたいへん重宝します。しかし、このロボットは知能が高すぎたため、最後に熊はロボットから反対に使われる事になりました。部屋がキレイになり、マーシャたちはダンスを始めます。


後記:今回は人工知能ロボットのパロディで、日本のセーラームーンも登場です。名前もマシュコ(マーシャ+子)です。パンダの贈り物なのですが、ロシアからは日本も中国も同様に見えるのでしょうか。最後に自分の作ったロボットに使われる熊に悲哀と同情を感じます・・このような物語の終り方はロシアにはよくあります。



お山の公園でテニス


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村