森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

魚釣りでの出来事

ふたたび、底抜けに明るいマーシャと熊のお話です。


マーシャと熊 - 魚釣りでの出来事 (第73話)

Маша и Медведь - Случай на рыбалке 🧜(Серия 73)


熊のミーシャにとって、釣り場の淀みのほとりでさえ、安らぎはありません。彼は釣り竿を水に投げ入れて、ひき始めるまで辛抱強く待ちました。そばに空っぽのバケツがあり、マーシャと雌の熊は絶え間なくおしゃべりしています。彼女たちは、お話に資するファッション雑誌を熱心に見ていました。想像を絶する衣装を見て、少女は黙っていることができず、絶え間なく雌の熊に質問をしました:どこで、どこへ、そしてなぜ、これを着て行くのですか?! 熊のミーシャが静かにするように言っても、だれも反応しません。そして魚が子供の大きな声に驚いて釣り針から外れたとき、熊のミーシャは我慢できなくなりました。彼は少し顔をゆがめ、また釣り竿に取り付きます。しかし熊はここには静寂はないだろうと思いました。そこで彼はボートに乗り込み、川の真ん中に漕ぎ出しました。


熊のミーシャは、葦の茂みの後ろから、奇妙な青い目が彼をじっと見ていたことに、気づきませんでした。釣り針に掛かった魚を逃す事のないように、彼は目をそらさず、水面を見ていました。ついに彼はしぶき音を聞き、そして一瞬、フィッシュテールが水面に現れました。熊は獲物を捕まえようとして躍起になりました。しかし魚は動物と遊んでいるようでした。魚はバケツを奪い取り、後で返しました。魚は釣り針をボートに引っ掛け、釣り糸を引くと、熊はひっくり返りました。そして熊は獲物を気絶させるためにパドルをつかみましたが、魚は巧みに彼から逃れ始めました。追っ駆けっこが始まり、その熱気の中で、熊のミーシャは、マーシャと雌の熊が、彼を待つために留まっていた場所から、どれほど離れていたかに気付きませんでした。彼はエンジンをボートに付けて、パドルを持ち、前のめりになり、川に沿って、疾走しました。葦に囲まれた淀みで、熊のミーシャはダイビングスーツを着て、潜りました。しかし彼は、ボートが彼から離れて行くのを見ました。熊はボートを追いかけようとしましたが、彼は子供の声を聞きました。


   

石の上に、小さな人魚が座っていて、年齢はマーシャと同じくらいで、彼女に非常によく似ていました。彼女は退屈していて、遊ぶ相手は誰もいないと言いました。そして熊のミーシャは、彼女と水中王国の居住域に入り、底まで降りていくことに同意しました。その少女は彼を沈没船の中にある彼女の家に連れて行きました。熊は彼のガールフレンドのマーシャの好みを思い出し、ホッケーで遊ぶことを彼女に教えました。そしてアルファベットやサーカスを教えてもらって、人魚は大喜びでした。


彼が水底で楽しんでいたとき、岸辺ではマーシャと雌の熊は心配で気が狂いそうでした。だってボートは空っぽのままで、彼らの所に突っ走って来たのですもの。どこにも熊はいなかったので、少女はオオカミの救命士に助けを求めました。彼らの所には金属製の古い潜水服があり、そしてその中に肉食動物の1匹が入り込み、水底の至る所で、熊のミーシャを捜し始めました・・




グランドで練習181031


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村