森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

豚飼い王子

マーシャのコーデは、花柄ドット・ベージュ色サラファンにプラトークです。
彼女の人形たちに、アンデルセンの物語を子供向けにアレンジしてお話します。


マーシャのおとぎ話(19)豚飼い王子

Машины сказки - Свинопас (Серия 19)


ある海の向うの王国に、王女が住んでいました。彼女は美人なのですが、性格はそれほどよくありませんでした。なぜなら気まぐれで、わがままだったからです。そして何よりも、王女はいろいろな珍しいおもちゃが好きでした。王女は部屋いっぱいのぜんまい仕掛けのおもちゃ、化粧手箱を持っていました。そして機械作りのバラさえも、この宝の中にありました。


ある時、隣の国の王子が宮庭の王女に会い、彼女に夢中になり、恋に落ちました。この王子は動物がとても好きだったので、彼は最もかわいいピンクの子豚をつれてきて、背中にリボンを結び、リボンの下に手紙を入れました。そして次の日、王女と女官は宮庭に散歩に出ると、子豚は彼女のもとに走りました。王女は、それがぜんまい仕掛けのおもちゃのブタであると思い、拍手しました。しかし、女官たちは首を横に振って、これはまさに本物のブタであると説明しました。王女は怒り心頭でした。彼女は哀れな王子の事なんて、聞きたくもありませんでした。


それから、主人公の哀れな恋人は、まる1週間彼の宮殿に閉じこもりました。そしてそこで、何かをたたいたり、ガチャガチャ言わせたりしているのが聞こえました。


1週間して、王女はふたたび、彼女のお付きと宮庭に散歩に出ました。すると突然、林の向うのどこからか、魅惑的な音楽の音色が聞こえてきました。王女はメロディーの方に行くと、そこに貧しそうな豚飼いを見ました。彼のまわりにはブーブーいいながら、聴いているブタがいました。彼の膝には美しい魔法のポットがあり、そこから魅惑的な音楽が聞こえてくるのです。 



全ての観客が集まったのを見て、豚飼い(これはもちろん変装した王子でした)は魔法のポットにお粥を煮るように命じました。王女はお粥を味見し、喜んで飛び跳ねました。その日のうちに、ポットは王子のキスと引き換えに、彼女の宮殿に持ってこられました。


王女はポットにお粥を煮るように命じましたが、止めることはできませんでした。なぜなら魔法のポットを止める言葉について、王子は彼女に伝えてなかったのです。ああ、気まぐれな王女が宮殿をお粥でいっぱいにしてしまいました!




渚でトレーニング181024


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村