森ガール森由美子の日記

アクティブライフの森ガールです。よろしくね。

三匹の子豚

マーシャのコーデは、レンガの家のピアノを弾く末っ子の子豚に因んで、リボンを頭に、ピアノ発表会スタイルです。彼女の人形たちに、ディズニーの「三匹の子豚」をパロディ風にアレンジしてお話します。


マーシャのおとぎ話(13)三匹の子豚

Машины сказки - Три поросёнка (Серия 13)


ある森に三匹の子豚の兄弟が住んでいました。三匹の子豚はそれぞれ藁、木製、石造りの家に住んでいたようです。ただ、彼らは正しい伝説の子豚※1のように振舞っている訳ではありません。ある時、兄弟たちはラッパ、ギター、ドラムを手に入れ、森の住人たちに毎晩コンサートを聞かせています。すべての真面目な動物たちは眠りに就こうとしますが、彼らは歌を歌い、楽器を弾いています。隣人たちは民警※2を呼んだり、頼んだり、説得したりしますが、すべては無駄なのです。

   


動物たちは子豚をオオカミで驚かすことにしました。ただ運が悪い事に、本物のオオカミは近くにいませんでした。オオカミに変装した羊が小悪魔たちを驚かそうと進み出ました。子豚たちは、余りにも不恰好な羊に笑い転げたため、兄たちの藁と木の家が壊れてしまいました※3。動物たちは喜びましたが、ちょっと早いです。


いたずらっ子たちは持ち物を携えて末っ子の家に引っ越しました。末っ子の家は石造りで、丈夫に出来ています。動物たちはこのフリーガンをどうしたらいいのか、考えに考え、そして思いつきました。ある朝早く、恒例の夜のコンサートの後に疲れた子豚が就寝したばかりのとき、彼らは家にやってきました。


羊が開いた窓に登り、犬が羊の上に登り、ネコがその上に、そして鶏がその頭の上に登りました。騒ぎで目が覚めた子ブタが目を開けるやいなや、動物たちはいろいろな声で叫び始めました!ネコはニャーニャーいい、犬は吠え、雄鶏は叫び、羊はうめきました。それは森の住人のリクエストによるコンサートなのです!


子豚はびっくりし、尻尾だけが震えていました。彼らは弾丸のように家から飛び出し、遠くに遠くに逃げました。楽器も何も持たずにです。マーシャは要約します。いつもまわりの事を考えないとね!



註※1伝説の子豚:三匹の子豚 1933年(昭和8年)

母さん豚は三匹の子豚たちを自活させるために、外の世界に送り出す。一番目の子豚はわらで家を建てるが、狼がわらの家を吹き飛ばし、二番目の子豚は木の枝で家を建てるが、一番目の子豚と同じ目に遭う。三番目の子豚はレンガで家を建てる。狼はいくら息を吹き付けても、レンガの家を吹き飛ばすことはできなかった。最後に狼は煙突から忍び込もうとするが、子豚が用意した煮えたぎる鍋一杯の熱湯に飛び込んでしまう。


註※2民警:Милицияミリーツァ民生警察。生活の安全に関わる警察組織。交通の取締り、警備などを担当します。上位の警察組織はПолицияポリーツァで、普通に警察と言います。


註※3:ディズニーのオリジナルではオオカミが二つとも吹き飛ばしますが、子豚がオオカミを笑う事で、二つの家は結果的に壊れてしまい、動物たちは喜びました。


後記:ディズニーのオリジナルとは違う結果になってしまいましたが、1933年代の初期ディズニーアニメの頃と違って、環境問題にも配慮しなければいけない訳ですね。個人主義と全体主義(いい意味での)の国柄の違いもあるとは思いますが・・マーシャがピアノ演奏を終え、最後にチョンと指で鍵盤を触る場面は、実に細やかですね。




浜辺でランニング181001



ブログ村に参加しています。変なのもいますが、
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ

にほんブログ村