森ガール森由美子の日記

自然が大好きな森ガールです。よろしくね。

農夫と熊

ナレーター、マーシャのコーデは、北欧風のサックスブルーのプラトークにロング・ワンピース、裾はピンクのラインです。ペッタン靴もサックスブルーです。


マーシャのおとぎ話(7)農夫と熊

Машины сказки - Вершки и корешки (Серия 7)


ある村に農夫が住んでいました。そして近くの森には茶色のクマがいました。ある時、クマは農夫が畑に行くのを見ました。何かがそこで行われていて、騒ぎ立てています。熊は好奇心にかられました。農夫はクマに、畑にかぶを植えるつもりであると説明しました。これは簡単ではありません。まず土地を耕作し、種を植え、そして収穫を待つのです。


クマはすぐその場で、一緒に働きたいと言いました。ずる賢い農夫は、収穫後、上のところか、根っこか、どちらを選ぶのか、クマに尋ねました。単純なクマは上のところを選びました。農夫には、ただ根っこが必要なだけなのです。彼はすぐさま、馬の代わりにクマを引き寄せ、鋤に繋げました。森のクマは苦労しましたが、豊かな収穫の形での、先立つボーナスは彼の心を暖かくしました。


秋がやって来ました。野菜を畑から収穫する時が来ました。かぶは見事に育っています。巧妙な農夫はすぐにお互いの収穫から全ての上のところと根っこを分離し、クマに彼のシェアを与えました。クマはこれを食べて見たけれど、吐き出してしまった!かぶの葉や茎は全くおいしくないのです。


クマはごちそうを食べたかったので、根っこを彼と分けるように農夫に頼みました。農夫はクマにいくらかのかぶを分け与えることを約束しましたが、その代わりに、いっぱいの用事リストをつき出しました。・・穀物を選別すること、そして食器を洗うこと、そして衣類を洗濯すること。農夫は自ら床に就きましたが、クマに自分の上のハエを追い払うよう命じました。


哀れなクマは厄介な状況に陥りました!農夫は眠っていますが、クマはハエタタキを持って走り回っています。 一つの小さくて、しつこいハエが農夫の鼻の上にとまりました。クマはハエが農夫を目覚めさせることを恐れて、何としても退治しなければと思い※、農夫の鼻の上のハエをハエタタキでぶったたきました。狡猾な農夫※は飛び上がり、走り回り、泣き叫びました。クマはカブの袋を手にし、その場を離れました。


註※「クマの心遣い」ありがた迷惑なこと。ロシアの格言です。
註※狡猾な農夫:ここでは農夫が悪役ですが、農夫は相手を騙したり傷つけたりしている訳ではありません。自由な世の中では、どこも悪くありません。ただ相手が愚か者なのです。言いたいのは「物事は注意深くよく考えて行動しましょう」でしょうね。



後記:原題はВершки и Корешки「上のところか根っこか」です。Мужик и медведь「農夫と熊」と呼ばれることもあり、日本ではこちらが普通なので、そうしました。このマーシャのおとぎ話では、かぶの収穫の話だけですが、もともとのお話は、さらに小麦の収穫の話が続きます。また「上のところか根っこか」で、今度は熊は根っこを取ります。
「おれの分け前はなんということだ、おれの仕事は割に合わない、上を取ればうまくないし、根っこを取れば食えやしない!」で終っています。マーシャにしてみれば、パートナーである熊が哀れなので、花を持たせてあげたのでしょうか・・



秋です。もう海には入れません。ラッシュガードなしでお散歩です。

海でボディボード180906


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村

サンタクロース

このお話は一連の新年プログラムなので、マーシャのコーデは、サンタクロース※
の孫娘であるスネグーラチカ(雪娘:スノー・メイデン Snow Maiden)です。


マーシャのおとぎ話(6)サンタクロース

Машины сказки - Морозко (Серия 5)

  


ある村に少女が住んでいました。彼女はとてもいい子で魅力的なのです。邪悪な義母はこの継娘を嫌って、あらゆる方法で言い掛かりをつけ、彼女に嫌がらせをしました。この邪悪な女性には自分の娘、わがままで、だらしのない、怠惰な女の子がいました。ある日、義母はこの善良な女の子を追い出すことにしました。彼女は女の子を荷馬車に乗せ、彼女を森に運びました。哀れな女の子はもみの木の下に座って、寒さで震えています。


ここで、どこからともなく、バーバ・ヤーガが現われました。女の子がびっくりすると同時に、サンタクロースが森から出てきました。それは新年を迎える時でした。そのため、彼はバーバ・ヤーガは小さな女の子を食べるだろうと思いました。しかしバーバ・ヤーガは凍った子供を食べないのは、どうやら扁桃腺の病気のようです。お爺さんは寒くないのか寒いのか継娘に尋ねました。


少女は寒さのため、歯と歯が噛み合いませんでしたが、躾の良い彼女は、寒くないと答えました。お爺さんは礼儀正しい彼女が気に入り、彼の御殿に連れて行きました。氷の宮殿での仕事は丸一日、十分にあります。女の子は羽根布団を軽く叩いてふっくらさせ、綿毛だけがあちこちに飛びます。しかし地上ではこの時雪が降っています。きれいに宮殿を掃除すると、明るい太陽が輝きます。


サンタクロースが女の子を故郷の村に帰す時がきました。一緒に荷馬車いっぱいの贈物を与えました。衣装ダンスは洋服でいっぱいです。継娘は、これらすべての宝物を持って自分の家に帰ってきました。そこでは義母は優しく彼女を歓迎しました。


彼女もただで、いいものが欲しくなりました。邪悪な義母は自分の娘を森に送り付けました。怠惰な彼女はモミの木の下に座って、プレッツェルを食べています。サンタクロースは重要な質問を用意して、すぐに現われました。しかし怠け者の彼女は、彼に暴言を返しました。彼はショックを受け、この無礼者の額を魔法の杖でノックしました。彼女は雪の中に入ってしまいました。やがて継娘たちは新年を祝い始めます。



註※サンタクロース:このマーシャのおとぎ話シリーズの原題はМорозкоマロースコ、訳は冬爺(慶大外語センターより)、グーグル英訳はFrostyフロスティです。しかし、同義語はДед Морозジェド・マロース(極寒爺さん)であり、通常サンタクロースと訳されているため、三段論法により、そうしました。ジェド・マロースはロシアの民間伝承に登場する冬の精です。


  

スネグーラチカ(ロシアのスノーメイデン)は、ジェド・マロース(サンタクロース)の孫娘です。日本語に訳すと雪娘、雪姫となります。ロシアに特徴的なキャラクターとしてクリスマス・新年に登場します。ロシアの美しい町・コストロマがスネグーラチカの出身地だといわれています。


後記:正直であることよりも従順であることを美徳とする封建反動時代のスラヴ人的な教訓を含んでいる-とするブロガーもいますが、継娘は森に連れて来られた時には既に極限状態で、質問されて正直に答えられないほどの状況だったのでしょう。質問されて考える余裕なんかとてもなく、ただ「ハイ、ハイ」としか言えなかった・・それをサンタクロースが不憫に思ったのではないでしょうか。また、どんな状況であろうとも、目上の人には礼儀正しくしなければいけない事は、封建時代も今も変わるものではありません。
モスクワは涙を信じない「泣いたところで誰も助けてはくれないものだ」というロシアの格言がありますが、このお話は、泣くことすらできない人がいる、その人こそ、助けてあげるべきだ、と言っているのでしょう。


古代ロシア版「シンデレラ」とも言えるこのロシア民話「Морозкоマロースコ=サンタクロース」を原作として、アレクサンダー・ロウ ( Alexander Rowe )監督により、1964年、同名のミュージカル映画が作られました。当時としては最新の特殊効果を駆使しています。1965年、映画は第17回ベネチア国際映画祭児童映画部門でグランプリを受賞しました。音楽映画なので、あらすじが分かっていれば、言葉は分からなくても楽しめます。



Морозко (1964) Полная версия




お山の公園でテニス180823


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村


キツネとウサギ

6日未明に発生した北海道地震で被災された皆様に 
心よりお見舞い申し上げます。


マーシャのおとぎ話(5)キツネとウサギ

Машины сказки - Лиса и заяц (Серия 3)


昔々、ある森の中に、キツネの姐さんと灰色ウサギが住んでいました。彼らは自宅を手に入れ、そこで快適に暮らすことにします。森のコテージをウサギは皮付き丸太で、そしてキツネは氷で作りました。冬の間は良かったのですが、春にはキツネの氷のコテージが予想通りに溶けました。 キツネは隣人のウサギに一緒に暮らすように頼みます。


善良なウサギはこの赤茶色の女詐欺師を家に入れ、プレッツェル※1をご馳走し、彼女に個別の部屋を提供しました。キツネは1日、1週間と過ごす内に、家の主人のウサギは彼女にとって窮屈な存在になりました。ウサギのすべて、耳も、目も、特に小さな尻尾は彼女をイライラさせました。


ある日、キツネはウサギをコテージから追い払い、彼女自身が快適な生活を始めました。ウサギは悲しくなりましたが、何もできません。彼は偶然、森で犬と出会いました。 犬はウサギを哀れに思い、キツネを追い払う事を約束しました。しかし彼がコテージにやってくると、ずる賢いキツネは彼に屋根のある居心地の良い空間を提供しました。犬はコテージに住み着き、ウサギは再び路頭に迷います。


ここで、このお話は マルシャークの物語「テレモーク」※2に近づきます。


灰色オオカミ、牛、そして他のいろいろな動物がウサギを助ける事を順番に同意しました。しかしキツネは彼らすべてを家に住まわせました。ゾウでさえもこの小さなウサギのコテージに居場所を与えられました。彼女は窮屈なのでウサギを追い出した筈ではなかったでしょうか? 


そうしている間に、この偏屈な敗北者は、引き続き自分のサポーターを探し続けます。最後にクマがやって来ますが、クマもこのコテージが好きになりました。クマはこの「テレモーク~ちいさなおしろ」によじ入りますが、家は完全に壊れてしまいました。犠牲がなかったのはまだ良いことです。誰とでも友人になるのは決して良い事ではありません。



註※1プレッツェル:ドイツ発祥の焼き菓子。独特な結び目の形に作られている。小麦粉とイーストが原料。日本では形状は異なるがグリコのプリッツが有名。


註※2テレモーク:ロシアの児童文学者サムイル・マルシャークの童話作品。「テレモーク」とはロシア語で「小さな御殿」という意味。
-ネズミさんがお家に初めに棲みつき、カエル、ウサギ、キツネ、オオカミ、と沢山の動物を呼び込みます。そして最後に、クマさんが入ると、そのお家は壊れてしまいます。


これを翻訳し「テレモーク~ちいさいおしろ」として日本に紹介したのは岡山牛窓町の文芸学者、児童文学研究者、ロシア文学翻訳家・西郷竹彦氏です。東京帝国大学理学部応用物理学科に学び、従軍。敗戦時ソ連の捕虜となり、のちモスクワ東洋大学日本学部講師として日本文化・文学を教え、1949年帰国。ロシア児童文学の翻訳を多数行い、のち文学教育を中心として多数の翻訳、創作、論考、著書を著しました。


     


後記:サムイル・マルシャークのこの物語での「誰とでも(クマ如きと)友人になる必要はない」と言うメッセージは当時のソ連邦の国是であった「万国のプロレタリア、団結せよ!」Пролетарии всех стран, соединяйтесь! と相容れません。また物語では、クマに「たもと」を許したがために家が潰れてしまいますが、クマと言えば当時のソ連邦あるいはロシアを思わせます。ソ連邦の周辺国あるいは構成国に対する警鐘メッセージであるかのようにも取れます。マルシャークは反体制作家とされていませんが、微妙です。まー西側でも有名なソ連時代の文化人はたいていそうですね。チェブラーシカ・シリーズ監督のロマン・カチャーノフに至っては作品は体制批判であると明言しています。


サムイル・マルシャークはロシア西部の工業都市ヴォロネジ生まれ。父は工場技術者。少年時代にサンクトペテルブルクへ移るが、ユダヤ系であるために迫害を受ける。詩才を認められ、文芸批評家スターソフの知遇を得、1907年から雑誌に詩を発表。ゴーリキーやシャリアピンの援助でロンドン大学に留学し、翻訳詩も多数紹介した。1920年、戦災孤児を励ますため、音楽家や画家や俳優と協力して、ロシア南部のクラスノダール市に「子どもの町」を設立。その町の子ども劇場のために児童劇を多数手がけた。1943年ソビエト児童劇の代表作「森は生きている」でスターリン賞を受賞。作品は説得力に富み、広く世界の子供たちに愛されています。



ソビエトアニメ 森は生きている(1956)日本語字幕




お山の公園でテニス180822


ブログ村に参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 森ガール系へ
にほんブログ村